記事一覧

ライブチケットやLPは即完売 注目のアーティスト・カネコアヤノの思いとは

ファイル 11-1.jpgファイル 11-2.jpgファイル 11-3.jpgファイル 11-4.jpg

ミュージシャン・カネコアヤノの音楽には、日常にある恋のときめき、自分へのやるせなさ、言葉にならないノスタルジーが詰め込まれている。独り言をつぶやくように歌うかと思えば、感情むき出しの声で歌い上げる。はかなさすら感じさせる弾き語りをするかと思えば、きゃしゃな見た目のイメージを覆すパワフルなバンドセットライブを行なう。一度聴けば胸に残る何かを感じずにはいられないカネコのライブは、チケット即日完売が続出するほどの人気ぶりだ。ターニングポイントとも言える昨年4月発売の3rdアルバム「祝祭」も、「第11回CDショップ大賞2019」入賞作品に選出された。

さらに昨年10月に行われた「リロト(LIROTO)」の2019年春夏東京コレクションでも音楽を担当するなど、ファッション業界からも熱い視線が注がれている。4月17日に両A面シングル「愛のままを/セゾン」を発売し、5月には自身最大規模での東京、大阪、名古屋でのワンマンツアーを控える中で話を聞いた。

中学1年のとき、ギターがやりたいって母親に言ったんですが、なぜか時間差で中学3年のときにギターを買ってもらったのが最初です。そのときはすぐに練習しなったんですが、18歳くらいから誰に聞かせるでもなく曲を作り始めました。その後、大学でできた音楽好きの友達がきっかけで今も録音をしてもらっているレコーディングエンジニアや、前の事務所のマネジャーが音源を聴いて気に入ってくれて。気づいたら前の事務所に入っていて、レコーディングをしてステージにも立っていました。

心の奥底ではやりたい気持ちがあったのですが、無理だと諦めていました。だからその人たちに会っていなかったら歌を歌っていなかったかもしれないですね。

当時はチャットモンチーが好きでした。あとピアノを習っていた姉を見ていたから、楽器がやりたくなったのもあると思います。それで私もピアノを習ったこともあるんですけど、誰かに教わるのが極端に苦手で……。やれって言われるとできないんです。でも楽器はずっとやりたかったのと、ギターは誰かに強制されたわけではないから楽しかったですね。

漫画が大好きで、何年か前にアニメで観た「はじめの一歩」は自分を変えましたね。やる気につながってポジティブ思考のきっかけになりました。キャラクターは間柴了と鷹村守が好きです。

作れなくて悩んだことはあまりないので、できる方だと思います。普段の会話からいいと思った誰かの言葉や、印象に残った景色をメモしていて、そのかけらたちを肉付けして作ることが多いです。一つでも歌いたいテーマがあれば書けますね。

一番は「フジロックフェスティバル」や「カウントダウン・ジャパン」、スピッツが主催する「新木場サンセット」に呼んでもらって、一昨年では考えられないくらい大きい場所に立てたことです。去年はそれらを通して、私のことを知らない人や、私も会ったことないような人にも観てもらえたような1年になりました。

内向的な私が「ステージに立っているときが一番楽しい」って感じるようになったのは、お客さんやバンドメンバー、スタッフたちのおかげだと思っているから、お返ししたい気持ちはとても強いです。

私はずっと漫画やアニメが好きだし、おもちゃ売り場のキラッとした宝石みたいなものもいまだに欲しくなるし、キーホルダーやぬいぐるみも買っちゃう。そんな自分を気にしていた時期もあったけど、今は「まあいいか、自分は自分だし」という気持ちです。それに友達も就職していくし、音楽だって最初は母にも反対されたけど、原点に戻れば好きでやっているだけですし。ファッションだって、派手な服を着ようがずっと同じ服を着ようがみんな気にせず好きに生きてくれと思います。

レコードは単純にそれで聴くのが好きなんです。それに、デカイってかっこいいじゃないですか。「祝祭」のジャケットをとても気に入っているんですが、レコードにしたら絶対かっこいいと思っていました。重量感や存在感もいいですよね。盤が透明なのも昔から透明が好きだからで、小さい頃買ったゲームボーイカラーもクリアでした。

弾き語りアルバムは、同じように力を入れて活動しているバンドに名前をつけずにどうして“カネコアヤノ”という名義でやっているのかを、音楽を通して伝えたくて作りました。私はギターで作曲していますが、一番生々しい音楽は弾き語りで、それに生まれたてのものには何もかなわないと思うんです。

ライブでの気の持ちようも違って、弾き語りは私自身にもお客さんに対しても、話しかけて伝えるように歌っています。バンドの時ももちろん伝えようとしていますが、とにかく今までで一番楽しいライブにしようって思いながら演奏していますね。“繊細”か“爆発”かみたいな感じです。

最近は私服と衣装の半々くらいですが、弾き語りだったら絶対ワンピース、バンドだったらカットソーやパンツというように分けて自分で選んでいます。会場の雰囲気も気にはしますが、基本的にはそのときの気分です。知り合いのブランドに衣装を作ってもらったり、借りることもあります。

「リロト」や「カナタ(Ka na ta)」「フタツククリ(FUTATSUKUKURI)」などが好きです。あとは高円寺の「郊外SUBURBIA」っていう古着屋はよく行きます。

裸足だと演奏しやすくて、集中できるんです。ステージ袖まで来たら「よっしゃ、やるぜ!」って感じで靴下を脱いでいます。それに合わせて、衣装もワンピースだったらすね丈くらいのものを選びますね。

去年の春ごろに高崎の「セプテンバーレコード」というお店に遊びに行ったとき、飾ってあったトッド・ラングレン(Todd Rundgren)の「未来から来たトッド(原題、Todd)」のアルバムジャケットを見て「これだ!」ってなったんです。このサイドを短く切った“クラゲみたいな髪型”になりたいと思って、翌日ずっと通っている美容室で「“クラゲみたいな髪型”にしてください」とお願いしました。実は短い部分にパーマを当てたんですが、髪質的に全くかからなくて今に至ります。

それに髪が長いとギターにかかって演奏中に邪魔になることがあるんですが、この髪型のおかげで解決しました。

とにかく楽しみです。東京は東京で、名古屋は名古屋で、大阪は大阪で、それぞれの場所でライブをやってきた中で一番いい日にします。来てくれた人たちもそう思ってくれたらうれしいですし、ライブに関してはそれが全てですね。あとはライブ中に歌詞を忘れないようにします(笑)。

ライブはやっぱり大きいところでやりたいです。日本武道館でもやってみたいですし、音楽は“シンプルに大きく”ですね。それに好きな衣装を着て、ずっと歌い続けると思います。あとは素敵な内装の家にネコと一緒に住んで、おいしいものを食べて、部屋にはかっこいい本棚を置いて好きな本を並べたいです。今大切にしているギターや服も手放さずにずっと一緒にいたいですね。

新生「ニナ リッチ」が若手デザイナーデュオによるフレッシュなスタート

ファイル 8-1.jpgファイル 8-2.jpgファイル 8-3.jpgファイル 8-4.jpg

ギョーム・アンリ(Guillaume Henry)の後任として、新クリエイティブ・ディレクターに大抜擢されたメンズブランド「ボッター(BOTTER)」のルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)による新生「ニナ リッチ(NINA RICCI)」がフレッシュなスタートを切った。

出発点はブランドの1950〜60年代のアーカイブである海辺で帽子をかぶった水着姿の女性のビジュアルだ。そこにオランダのキュラソー島出身のボッターとドミニカ共和国の島で育ったヘレブラーの2人のルーツにあるカリブ海の要素、「ボッター」のメンズウエアを融合させて、リゾートのリラックス感を持つ洗練された新たな女性像を模索した。

ショー開始とともに流れたのはヘレブラーの出身地であるドミニカ共和国のビーチの波の音。ファーストルックは大きなバケットハットに合わせたややオーバーサイズなピンストライプのパンツスーツ。身頃にネイビーの水着のシルエットを切り替えで差し入れて、斬新でヘルシーな印象だ。ボックスシルエットのシルクシャツ、ドローストリングス付きのジャケットやロングショール付きのコートなどはベーシックアイテムに程よい捻りを加えて、プレイフルかつリアルに仕上げている。

またベーシックカラーに合わせた鮮やかな色使いも絶妙だ。ネイビー、ベージュ、白をベースにしながらも、カナリヤイエロー、パラキートグリーン、スカイブルー、シャーベットカラーなど差し色を入れることでモダンな雰囲気に仕上げている。ビビッドなカラーのネオプレンとミラノリブニットを用いたウエットスーツ風のボディースーツやネックピースはキャッチーだ。

ボッターはバックステージで「『ニナ リッチ』の新しい一章は、ブランドアーカイブと僕らのルーツを合わせることから始めたが、 “『ボッター』のウィメンズ”にはならないように意識した。このコレクションは『ボッター』と『ニナ リッチ』の間にできた子どもようなイメージだ。『ボッター』でも作っているスーツは女性らしさと強さも共存させ、エレガントでナチュラルに表現している」と話す。

「ボッター」で取り組むアップサイクルについてヘレブラーは「『ニナ リッチ』でも挑戦したい。今回のコレクションでは取り組めていないが、リサーチを進めているところ。やるからには研究を重ねて、『ニナ リッチ』でできるエコフレンドリーなファッションを提案したい」という。

「ガールズ ドント クライ」とユニオン トウキョウのコラボアイテムが発売

ファイル 4-1.jpgファイル 4-2.webp
ファイル 4-3.webp

グラフィックアーティストVERDYが手掛ける「ガールズ ドント クライ(Girls Don't Cry)」と今年4月に上陸した「ユニオン トウキョウ(UNION TOKYO)」によるコラボレーションアイテムが、7月14日に発売される。

 1989年にニューヨークで誕生した「ユニオン」は、「シュプリーム(Supreme)」の設立者ジェームス・ジェッビア(James Jebbia)が運営していたことでも知られるセレクトショップ。コラボレーションアイテムでは、それぞれのロゴをあしらったTシャツ(6,500円)やフーディ(2万円)、ハート型のクッション(7,500円)、カップ(2,500円/全て税別)などを展開する。ユニオン トウキョウで取り扱い、入店順を決める抽選にはドレスコード制度を導入。ユニオンのオリジナルアイテムかコラボレーションアイテム、VERDYデザインによるTシャツのいずれかを着用した人のみが参加できる。
「ビームス(BEAMS)」が、パリのカフェ「ペーパーボーイ(paperboy)」とのコラボレーションアイテムを7月14日に発売する。ビームス原宿および公式オンラインサイトで取り扱う。

 2014年3月にオープンしたペーパーボーイは、オークションハウスARTCURIALが主催した「シュプリーム(Supreme)」のオークションパーティーでケータリングを担当したことでも知られている。同コラボレーションコレクションでは、人気メニューのサンドウィッチをイメージしたカラーリングとアイコンキャラクターに「B」の文字を配したデザインが特徴のアイテムを製作。Tシャツ(4,800円)やロンT(5,800円)、フーディー(9,800円)、キャップ(4,500円/全て税別)など全9型を展開する。発売に合わせ、ビームス原宿ではペーパーボーイのスタッフをモデルに起用したルック写真の展示も行う。
ストリートで注目を集める新着アイテムをFASHIONSNAP.COMがセレクト。今週(7月9日〜7月15日)は、フェスシーズンの始まりを感じる新作が充実。アディダス バイ ラフ・シモンズの新色やシップスのサマソニTシャツなどを紹介します。
「シュプリーム(Supreme)」の設立者ジェームス・ジェッビア(James Jebbia)が運営していたセレクトショップ「ユニオン」の日本初上陸店舗「ユニオン トウキョウ(UNION TOKYO)」が、グラフィックアーティストのVERDYが手掛ける「ガールズ ドント クライ(Girls Don't Cry)」とのコラボレーションアイテムを発売します。それぞれのロゴをあしらったTシャツ(6,500円)やフーディ(2万円)、ハート型のクッション(7,500円)、カップ(2,500円/全て税別)などを展開。販売にはドレスコード制度が設けられており、ユニオンのオリジナルアイテムかコラボレーションアイテム、VERDYデザインによるTシャツを着用した人のみが、入店順を決める抽選に参加することができます。
「アリクス(ALYX)」のデザイナーマシュー・M・ウィリアムス(Matthew M Williams)と「ナイキラボ(NIKELAB)」のコラボレーションコレクション「NIKELAB × MMW」が発売されます。「Future uniform of training」をテーマに都会的でフューチャリスティックなデザインのトレーニングウェアを製作。ブラックやベージュ、ホワイトのキーパレットでTシャツ(6,480円)やダブルソックス(2,160円)、ジャケット(4万8,600円)、パンツ(2万7,000円)などを展開します。
ファッションクリエイターの育成・支援を目的としたファッションコンテスト「LVMH Prize for Young Fashion Designers 2018(LVMHプライズ)」で日本人初のグランプリを受賞した井野将之が手掛ける「ダブレット(doublet)」の2018年秋冬コレクションが立ち上がります。「Ready-to-Where?」をテーマに見る角度で柄が変わるジャケット「LENTICULAR JACKET」(8万9,000円)や3枚のソックスが重なっているように見えるソックス「3 LAYERED LEOPARD SOCKS」(3,600円)などを製作。「ウィズム(WISM)」では、別注アイテムのプリントTシャツ4型(各9,000円)と温度で色が変わるシルクウエスタンシャツ(4万9,000円/全て税別)を展開します。
オークションハウスARTCURIALが主催した「シュプリーム(Supreme)」のオークションパーティーでケータリングを担当するなどストリートで注目を集めるパリのカフェ「ペーパーボーイ(paperboy)」と「ビームス(BEAMS)」のコラボレーションアイテムが発売されます。人気メニューのサンドウィッチをイメージしたカラーリングとアイコンキャラクターに「B」の文字を配したデザインが特徴のTシャツ(4,800円)やロンT(5,800円)、フーディー(9,800円)、キャップ(4,500円/全て税別)など全9型を展開。取り扱い店舗のビームス原宿ではペーパーボーイのスタッフをモデルに起用したルック写真の展示も行われます。
アーティスト加賀美健、グラフィックデザイナー河村康輔、野生爆弾くっきーの3人と「シップス(SHIPS)」がコラボレーションした「サマーソニック(SUMMER SONIC)」Tシャツを数量限定で先行販売します。加賀美健の「サマソ煮」イラスト、河村康輔のアメリカのハードコアバンドのロゴをモチーフにしたグラフィック、野生爆弾くっきーが描き下ろしたイラストをプリントしたTシャツを展開。シップス店舗で先行販売し、サマーソニック会場のシップスブースでも取り扱われます。
デザイナー ラフ・シモンズ(Raf Simons)の母国ベルギーの建国記念日を祝い「アディダス バイ ラフ・シモンズ(adidas by RAF SIMONS)」が、「RS レプリカント オズウィーゴ パック(RS REPLICANT OZWEEGO PACK)」の新色を発売。ブラック、レモンイエロー、カーディナルレッドの3色はベルギーの国旗をイメージしています。価格は税別5万5,000円で、ニットソックスが付属。世界50店舗限定で取り扱われます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ